バナースタンドの特徴とメリットです

看板や広告は多くありますが、そのなかでバナースタンドは目に見える部分のほとんどが広告面になっているので、見る人にはインパクトがあります。見る人にインパクトがある広告ですが、業者にオーダーして製作までの時間が短く、料金も他の看板などに比べても、安い費用で製作する事が出来ます。費用が安く高い宣伝効果があるため、多くのお店やイベントなどで利用されています。また、取り扱いも簡単で布製の幕で出来ているので、軽量ですから女性でも持ち運びが出来ます。また、ポスターなど違い高い所に貼る必要もないので、簡単に誰でも設置する事が出来ます。そのため、イベントなどの際にも、持っていって簡単に設置をする事が出来ます。ただし、多くの業者がバナースタンドの製作を行っているので、どこを選ぶかは業者を比較して費用やサービスの面で一番良い業者を選ぶ事です。

スタンド看板にはないバナースタンドの魅力

バナースタンドは、必要最低限のスペースで商品やイベントをPRしたりすることができる看板の一種です。骨組みが小さく細いので広告の邪魔をせず、また軽くて強いので持ち運びが便利です。骨組みに合わせてデザインの違うバナーをプリントしておけばすぐ別のものに取りかえられ、さらに取り付ける際に糊が不要なので乾かす手間がかかりません。バナーの素材にはターポリンやクロス生地が使用されており、一般的なスタンド看板より安く製作できるのも魅力です。バナースタンドは骨組みにバナーを固定するタイプのほか、スプリングに引っ掛ける垂直掲示型や壁に直接掲示するロールアップタイプなどがあります。ロールアップタイプの大型のものはイベントや記者会見の際の出演者の背景として利用されることが多いです。また骨組みの底の部分に重しを付けて固定し屋外で使用されることもあります。

バナースタンドの種類

バナースタンドとはお店やイベント会場の外に飾ることで宣伝や広報を行う時に用います。バナースタンドにはいくつかの種類があり、それらを使い分けていくことが大切になります。その1つがロールアップ式の物です。これはその名の通り丸めることで簡単に収納できます。扱いの手軽さも魅力です。鳩目型の物もあります。これは四隅などに円形の穴が空いており、そこにフックを引っ掛けることで展示できます。フックを通すだけで良いので工具は必要なく、頑丈なスタンドを設置できます。掛け軸のように吊り下げて使用するのがタペストリー型です。安価に用意できるのが特徴です。初めてバナースタンドに設置するという方々に大きな人気があります。シンプルで使いやすいですが、強い風で倒れてしまうこともあるので設置場所には注意をしておく必要があります。